1:2016/04/26(火) 00:54:25.70 ID:

セリエA第35節が23日から25日にかけて行われ、首位ユヴェントスはフィオレンティーナを2-1で下した。一方、2位ナポリはローマに0-1で敗戦。この結果、3試合を残して両者の勝ち点差が12となり、ユヴェントスの5シーズン連続32度目のセリエA優勝が決まった。

ユヴェントスにとっては、1930-31シーズンから1934-35シーズンまでに達成して以来82年ぶり2度目の5連覇となった。

今シーズンのユヴェントスはクラブ史上初の開幕2連敗を喫するなど、序盤は苦戦を強いられた。それでも、第11節の“トリノ・ダービー”を制すると、ここから9連勝を飾って前半戦を3位で折り返す。この連勝はさらに続き、第25節ではナポリとの直接対決を制して首位に浮上。第26節のボローニャ戦で引き分けたことでクラブの連勝記録は15で止まったが、その後もチームは崩れることなく9連勝を達成。2位ナポリに大差をつけてリーグ制覇を成し遂げた。

なお、2年連続の2冠達成を狙うユヴェントスはコッパ・イタリアでも決勝に進出。5月21日に日本代表MF本田圭佑が所属するミランと対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160425-00435164-soccerk-socc

— Sponsored LINK —


5:2016/04/26(火) 00:55:50.88 ID:

5連覇ってブンデスより酷いな

12:2016/04/26(火) 00:57:39.80 ID:

前半の出遅れあっても圧倒的に優勝だもんな。ホントセリエAはつまらんわ

26:2016/04/26(火) 01:00:30.35 ID:

どうやら、この優勝がイタリアでも全く盛り上がって無いらしい
本当に寂しいリーグになったなセリエ