ミランはセリエA第34節でカルピとホームで0-0と引き分けた。MF本田圭佑が出場機会なしに終わり、現地メディアにはクリスティアン・ブロッキ監督の采配を疑問視する声も上がった。

新体制の初戦で勝利したミランは、カルピ戦も同じ4-3-1-2のシステムで臨んだが、MFユライ・クツカの出場停止とMFアンドレア・ベルトラッチの負傷もあり、ブロッキ監督はMFジャコモ・ボナヴェントゥーラを1列下げ、MFケヴィン=プリンス・ボアテングをトップ下に起用した。

だが、守備を固めるカルピを崩せず、ブロッキ監督は62分にボアテングを交代させる。すると、スタンドからは精彩を欠いた同選手にブーイングが飛んだ。

トップ下を務めたボアテングを下げたブロッキ監督だが、代わりに送り出したのは本田ではなく、若手ホセ・マウリだった。3列目にマウリを入れ、ボナヴェントゥーラをトップ下に戻したのだ。

それでも結果は出ない。ブロッキ監督は70分にエースのFWカルロス・バッカも下げてMFジェレミー・メネスを入れる。バッカはメネスと握手すら交わさず、ベンチに座ることも拒んだ。

ブロッキ監督が最後に切ったカードも、本田ではなかった。87分、MFアンドレア・ポーリを下げてピッチに送り出したのは、18歳MFマヌエル・ロカテッリ。だが、ミランは結局最後まで得点を奪うことができなかった。

当然、ミランは批判を浴びている。特にこき下ろされた一人が、ボアテングだ。シニシャ・ミハイロビッチ前監督の下で出場機会がなかった元背番号10だが、ブロッキ監督の序列では、現背番号10より上に立っている様子。しかし、結果が出なかったことで、ファンやメディアの目は厳しい。

『calciomercato.it』は試合の採点記事で、ボアテングを「4.5」と酷評したうえで、こう記した。

「再び先発起用。適切なポジションとスペースを探し、長時間にわたってちょこちょこと歩いたが、任務失敗。いくつか見せた(そして常に間違えていた)気まぐれなプレーは、本当に的外れだった。なぜ、本田じゃないんだ?」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000001-goal-socc

【サッカー】<セリエA>ACミランは格下カルピを全く崩せず泥沼ドロー!本田、2試合連続で出番なし…©2ch.net
http://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1461271671/

 

 
本田待望論ですね